■■DVD販売開始!■■
久野麻子はこんな素材でできてます。







PR| EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT|
★★2017年!今年も宜しくお願いいたします!★★
「おもてなし」2017の面々。後編
続いて後編。

とつらつら書いているワタクシ。
「百花」久野麻子

こんな奴が書いてます。
福本さん撮影写真は以前ブログで出しちゃったので、ひろしくん撮影のもの。


さあ!いきまっせー!

「篠山半兵衛」江口直彌

お兼さんとこに娘の婚礼始末を相談にくるお父さん。
えぐじぃ、って呼ばれてはります。
台詞も言わずに座ってはるだけで舞台上の空気感が変わる、すごい方です。
出番前に江口さんのお顔を拝顔すると、不思議と落ち着きます。勝手にワタクシの安心毛布に任命。何様やねん、ワシ(笑)
そして美味しいお店も沢山知ってはるグルメ先輩でもあります。

「篠山恭子」内山絢貴

篠山家のこいさん。
言うまでもないべっぴんさん。黒ぶちメガネかけるとアンジェラ・絢貴に早変わりです。
真っ直ぐで、雑味のない、けど味わい深くキレのある女性、それが絢貴ちゃん。
どうもキャベツの千切り切るのは苦手らしいでっせ!(関係ないけど!)

「勇吉」森崎正弘

篠山家の丁稚。
森やんです。
ワタクシの中ではガンキャノン森崎。
がっしりした佇まいによく動く身体。狙い打つ台詞の正確さ。自劇団のMouse Piece-reeでは暴れまくってはるイメージですが、実はとってもストイック。丁寧かつ大胆。そして顔がデカい。
あ、またディスった感じになっちゃった!


続いて若手2人!

「ユキ」松井千尋(左)
「九重の女衆」畝岡歩未(右)


千尋ちゃんは万人が癒される笑顔が武器!是非、劇場で癒されて下さい。

畝ちゃんは今回出番は少ないですが、裏で大活躍。ありがとうね!これからも頑張ろ!


さてさて!

「九衛門」茂山逸平

京都でしくじって大阪に来ている狂言師。なんと説得力のある役か(笑)いや、ご本人は実はそんな「しくじりさん」ではないのですよ!しっかりしてはります。ちょっとホールを間違えて新宿ではなく中野まで行ってしまうくらいの…可愛いもんです。
東京公演中は、茂山逸平さん改め中野逸平さんと呼ばれてはりました。


ついに来ました小さな巨人。
「〆(しめ)」わかぎゑふ

ご覧下さいよ、この写真!少年でっせ!(笑)この方の頭の中、どうなっているのでしょうね…知ったところで真似出来ませんけど!
この「おもてなし」の生みの親でもあり、演出家でもあり、衣装のあれやこれや、道具のあれやこれや、挙句、ワタクシの結髪やらメイクのお世話までしていただいております。

舞台上の〆さんは、本当に自由!なんと自然体で立ってはることか。あんなお師匠はんがいたら一生ついていくわ!と甘えたくなる47歳。
この作品に呼んでいただけたのも、この方のおかげでおます。
ありがとうございます!

とうっかり揉み手をし出した辺りで、キャストのご紹介終わりたいと思います。

長文にお付き合い下さり、ありがとうございました!

百花
11:55 元気の素。 comments(0)
スポンサーサイト
11:55 - -
comment

message :